MENU

女性ホルモンの分泌量の低下でバストトップが黒ずむ!?

 

バストトップに黒ずみがあると何とかしたいと様々なケアを行う人が多いのですが、せっかく対策を行っても効果が出ないケースも少なくありません。外側からのケアで効果が出ない場合、一度考えてみたいのが体内のホルモンバランスについてです。

 

ホルモンバランスが悪くなって女性ホルモンの働きが低下すると、バストトップだけでなく目の周りや脚の付け根等の様々な部分に黒ずみが現れます。バストトップと同じようにデリケートゾーンの黒ずみで悩む人も多いのですが、デリケートゾーンの場合も摩擦以外の理由があるとしたら女性ホルモンの分泌量の低下が強く疑われます。

 

女性ホルモンは元々体つきを女性らしくしたり月経や妊娠などにも関わっており、エストロゲンとプロゲステロンの2つがあります。このうちプロゲステロンはメラニンの生成量を増やす働きを持ち、思春期になると皮膚の薄い部分が黒ずんでくることもあります。

 

ホルモンバランス自体は元々多少の変化をするものであり、その幅が小さければ問題にはなりませんが、強いストレスを受けたり不規則な生活を送ったりして女性ホルモンの分泌量が急激に減り周期が乱れると、自律神経の調整が上手く行われなくなって肌のコンディションも低下します。自律神経は体内循環にも影響を及ぼすものであり、細胞の働きにも影響が出ますので、肌中のメラニンの量が増えて黒ずみができやすくなります。

 

黒ずみは若いうちでもできますが、加齢によって現れることも多々あります。加齢が原因の場合は、一度減った女性ホルモンが増えることはありませんので、それ以上症状が悪化しないように気をつけなければなりません。早期のうちにケアを行えば改善することが可能です。